この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2008-09-11 17:09:44

外回りの感じをみるためやや打ち合わせの為に担当者の方とお話されていました。今建築中の建物とモデルになったショウルームの家の写真を載せてみます。

いろんな住宅展示場を見学して回っていた頃、その時7歳だった長女が「ハッピーライフ、ハッピーホーム、タマホーム!」と家の中を歌って踊っているのを発見!

お話を聞いていて不安はなかったです。タマホーム自体、そんなに年数が経ってないし、そんな20年〜30年先のことを心配してもしゃーないしなあ。とも思いました。

娘を抱っこしたままでは長い時間は聞けないな…と思っていたら入り口すぐに子供を遊ばせるコーナーがあり、そこで事務の女性の方が娘と遊んでくれることになりました。

耐震金物はとても小さかったです。また、玄関の檜土台...欠けてました...なんかぶつけた?妻はこれを見て「はい、却下!!」って感じです。

施工面積が61坪ととても大きいお宅でした。うらやましい限りです。ひと部屋ごとのつくりが大きいお宅だったのが印象的でした。納戸が広いのがうらやましいですね。

同じローコストなのに、こっちのモデルハウスのほうが、ちゃんとした家って感じ。ダンナはとても気に入ってしまいました。

タマホームでマイホームを建築中で、これからマイホームを建てようとしている人の参考になればと思い、このブログ、「マイホームができるまで」を立ち上げました。

匠の技はなくなってしまうと大工組合では嘆いています。タマホームでは匠の技はいらないそうですが。みのもんたさんは、こんなことには思いを馳せることはないでしょうね。

なんで、構造見学をやっているようなところでボルトがユルユルで放置されているのかはイマイチ分からないけど、管理とか少しズサンなのかな〜

10万円もらえてしまいますので、まだタマホームに足を運んでいないが立てようかと思っている方はぜひ紹介させてください、もし制約すれば山分けしましょう。

お茶出ししない代わりに上棟の時にご祝儀を渡した方がよいと思う。金額は、担当の大工さん2名は1万円ぐらいで、その他の人(7、8名?)は5千円ぐらい。

ボクは次回建てる時はタマホームにする予定です。60歳を超えて定年を迎えたときに生き残ってるのはタマホームだと思っています。皆さんはどう思いますか?

カテゴリ:02ハウスメーカー|テーマ:大安心の家(タマホーム)|更新日時:2008-09-11 17:09:44

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2008-09-11 17:09:44

ほんの些細な、重箱の隅をつつく様な事をお話ししても直ちに完璧な処置をして頂けます。ヘーベルハウスさんに直接関係の無い相談事にも気持ち良く対応して頂けます。

終わったのは夕方6時すぎ。長かった〜。ここまで入念に点検してくれると、ヘーベルで良かったなぁと思いますね。ビス1本1本まで点検してくれますからね。

床暖房まよったんですよー結局採用しましたが、体感したこと無かったからどんなものなんだろう???っと。今回、導入されていたのは19.2帖の2階リビングです。

玄関ホール、入った瞬間に「広〜い!」ゆとりの空間、快適リビングでした。 ドーンと置かれたダイニングテーブルは、ソファーの様な椅子で圧倒的な存在感!

仕事部屋で音楽をかけながら仕事をしていて、部屋のドアを閉めていたときに、インターホンが鳴ったのに気付かないときがありました。素晴らしい防音性能ですっ(笑)

こんな家がいいなぁ〜と思うこの頃です写真はヘーベルハウスの新大地。先週末にバス見学会に参加し、訪問した新築のお宅がすごく気に入りました。

改めて、ホームサービス課の方から補修工事の連絡が入るようですね。ヘーベルハウスの損害は、計り知れないのに精一杯の対応に、ただただ脱帽です

ヘーベルさんは無償で補修工事をしてくれるそう。さっすが!!ヘーベル。他のハウスメーカーさんでは、そういう対応じゃなかったみたい。

ところどころ ??ってところもありましたが、高い設備も使っていて、いい建物でした。外構もセンスよくまとまっていて、格好の良いへーベルハウスって感じです。

旭化成のオリジナルキッチンです。当日はメーカーである永大産業の担当者も来ていて細かい説明や質問など話し合えた。標準の中では素材は一番ですね。

また地震にも強くて、神戸のときもパナと同じく全壊・半壊はなかったし、燃えないつくりになってるもんで家で火をせきとめたという。すごいね。

ちゃんとうちも該当だった。ヘーベルが悪いんじゃなくて、ニチアスが嘘ついてたってことではあるんだよな。まあ別に火事にならなければ関係ない話ではあるんだが。

、丘の上で景色は秀逸。夜は星が良く見えそう。外観はおなじみの一目でヘーベルハウスと判る形で、中は採光が十分。シンプルながらも住み易そうな家でした。

部屋を見学、構造の説明を聞いているうちにヘーベルハウス熱が高まりました。M氏の説明、雰囲気、全て私たちには心地のイイ営業さんだったのです。

それぞれ外壁の種類や色,玄関ドアなど、デザイン面は勿論の事、塗料の種類によって汚れが付着しやすいものがあるのかな?など、とても参考になりました(^.^)

カテゴリ:02ハウスメーカー|テーマ:へーベルハウス(旭化成)|更新日時:2008-09-11 17:09:44