この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-23 07:03:39

  ASCII.jp レビュー:2008年08月14日 更新
ジルコニアが実現したクリアな響き RP-HJE900
イヤホンやヘッドホンの筐体には、金属から木材までさまざまな素材が使われてきた。今回紹介する「RP-HJE900」は、模造ダイアこと「ジルコニア」を素材に使ったイヤホンだ。

「RP-HJE900(パナソニック)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ニュースを見て気になったのはパナソニックのRP-HJE900。ジルコニアを使用していて共振が押さえられている。

Panasanic RP-HJE900、ジルコニアハウジングを採用したPanasonicのフラッグシップモデルです。ユニットはダイナミック型を採用しています。

ここでついにそのときから購入を考えていたPanasonicのRP-HJE900をついに購入。イヤフォンとしては中級の値段ですが、箱からして高級感ありあり。

ネット上の評判を見るに、高音よりでかつ結構性能高そう、かつダイナミック型なのでマルチドライバBA型みたいに超高級って訳でもない、この機種にしました。

ビックカメラ有楽町店にて19,800円で購入。 主な特徴・色は「ブラック」1種類。・コードはY字型1.2mでストレートプラグ。クセが付きづらく良い。

世界で初めてジルコニアを筺体に採用したと謳うPanasonic製のヘッドホン『RP-HJE900』を購入してみました。

新たにヘッドホンを買い替えることになりました。新機種として選んだのが、パナソニックのRP-HJE900です。

ここ最近で一番気になっていたイヤフォンを入手。パナソニック RP-HJE900。

ジルコニア筐体の珍しいイヤフォン、パナソニック RP-HJE900。オーディオ的な素性は悪くなさそうなのだが、装着には問題がありそうだ。使っていて徐々に判って来た。

だから、良い音で聴いたら、もっと違うなにかが見える気がするのかも...でも、シャッフル機能は結構びっくりしたもんな。

ちなみに早速バランス化したのですが、口から低音が漏れるかと思いました(汗)これは〜なんとも〜言えない・・・

イヤホン本体に「ジルコニア」という硬質素材を使い、共振が少なくて原音に迫る音、とありますが、いやはや、確かにそういう感じです。

カテゴリ:27イヤホン/ヘッドフォン|テーマ:RP-HJE900(パナソニック)|更新日時:2017-03-15 23:03:51

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>