この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-10-14 03:10:40

  ASCII.jp レビュー:2008年06月24日 更新
物欲度200%アップ リコーの趣味カメラ「GX200」が進化
24mmからの光学3倍ズームレンズや着脱式の液晶ビューファインダーなど、玄人好みの趣味カメラ「Caplio GX100」の後継機種「GX200」が、リコーから24日に発表された。

「Caplio(リコー)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

・SDカード(メモリカード)はここ。(1)・電池は「BATT」と書いたフタを上にスライド

このデジカメも今となっては古いのですが、デザインと黒いボディが気に入っています。また、単三電池で使えるのが何といっても魅力です。

ワイド端で24mmの広角。前出TC-1よりも広角。さらにワイコンつければ19mmも可能。「ワイコンつけられる」構造、というのが大切で。

買うのを結構長い間迷っていたのですが、コンパクトデジカメのRICOH CAPLIO GX-100という機種を購入してしまいました。

Caplio R2いつ頃買ったんだか覚えていませんのでLightroomのライブラリフィルタで調べてみたら、2005年の12月から有りましたので、四年半前の購入だったんですね

と、ひとり突っ込みひとりボケで始まりましたCaplio対決。こちらは壊れていないほうのGX。(もう1台は永眠中)こわれないように操作は慎重にゆっくり。

この機種かなり旧型だが接写1cm可能とのことなので購入した。人間の素目ではピントが合わず見られない世界がおもしろい。

今回は,私が使っているコンデジ「RICOH・Caplio R7」について・・・

RICOH Caplio GX8です。後にGX100、次にGX200が発売されたので2世代前のものになります。

GX100にしてから、以前に比べまともな写真が撮れる様になってきた・・・か?主に宝石(ジュエリー)を撮影するので、マクロ撮影ばかり。

愛用のデジカメ、リコーの「Caplio GX100」だが、使っているときに、どうしても不満だったのがレンズキャップの取り外し

購入した展示品のRICOH Caplio GX100 VF-KIT \39,800でした。意気揚々と持って帰って充電商用としたら違う機種のチャージャーが入ってて・・・。

RICHOのCAPLIO GX100です。1000万画素です。マニュアル操作ができる所がお気に入りです。欲を出さなければある程度までは簡単にキレイに撮れるカメラくんです

大きさは、手のひらサイズ。色々パーツをつけると、ミニ一眼レフみたいで、超好み ファインダーが90度に曲がるので、ローアングル時に使えそう〜。

早速19mmのレンズを付けて何か撮ってみよう!ざっとこんな感じ。う〜ん、いいぞいいぞ

使わないであろう機能も色々有るが、小さなボディーに機能満載である。

前回に次いで、現在製造は終了したとは言うものの、販売は続いている機種と比較してみる。

使いづらいのでVF-1は外していた。しかし、やっぱり晴天の雪原では正確なフレーミングができない。VF-1の難点は、視度調節のリングがすぐに動くことである。

このところ、あまり持ち歩いていなかったリコーのコンパクト「Caplio GX8」を持って、散歩に出かけてみました。

この間購入したマクロに強い(ワイド端で1cmまで寄れる、テレ側でも4cmまで)RICOHのCaplio GX100でも同じような画像が撮れるんじゃないかなぁと思いついた。

久しぶりに、我が家に新しいデジカメがやってきました。前にも書いたようにRICOH Caplio GX100 VF KITです。通算だとかなりいってますね。

さらに電源のON⇔OFFボタンの大きさと位置が決定的に違います。R6は小さくなって、意識的に押さないとONにはなりません。これって結構重要な要素なんですよ。

相変わらずAF時のノイズは気になるものの、一般的なデジカメより一回り大きい1/1.75型のイメージセンサーを利用しているので、写りはさすが、キレイ。

そうそう、斜め補正機能というのが付いているのでためしに使って見た。なにこの本当は真正面から撮ったよ的な写真!!

35mm 換算 28-135mm 4.8xWideズームSDカード、単3電池2本でも使用可400万画素じゅーぶん!、これでじゅーぶんなスペックです。

正直なところ、リコーというと、OA複合機というか……要するに、コピー機などの会社というイメージしかありませんでしたけど…… ヾ(゜ω゜ )ォィォィ

そして、「カメラといえばニコンでしょ!」と思っていたので、NikonのCOOLPIXか今回購入したので比べました。

で、早速試し撮り。いやぁ、こりゃすげぇわ(|||ノ`□´)ノ  テキトーに撮ってこれだもん。

わざと揺らすと気持ち悪くなるほど効く手振れ補正や12人もの顔を認識する顔認識AFなんていう未体験のものまで付いています。

え、どうしようこのカメラ、まったく好きじゃ無い( ̄ロ ̄)がーん

今日、ある方に物々交換で頂いてしまった、GX100。でも、とても釣り合わないんですよ、コチラからの提供物はただのわっかですから\(◎o◎)/!

リコーのCaplio R7 すぐに壊れます。。。今回で3回目の修理依頼です。レンズが出てくるタイプのカメラだからかレンズ部分が弱いようです

以前おこなったリセット方法は間違っていたようだ。GXの情報をBLOGコメントで頂いたのでやってみた。カメラの初期化:再生モードで▲+Wideで電源

安い金額をポチって、、、、そのまま落札(苦笑)タバコ2カートンより安値で手に入れました♪見た目は、、、かっちょエエ〜です★

愛用していたデジカメが壊れました。Ricoh Caplio R5  仕事用としてフル活用していて、遊びでも結構使っていたので、ショックです。

1年位前に出たデジカメ。デジカメなのにアナログ感だらだらなこのデザイン。性能は一眼レフには届かない・・・かな。

RICOH Caplio GX100GX100の素晴らしい点は。。。前回記事でもご紹介した通り、1cmまで寄れるマクロ機能。

これまで使っていたDB-43がちょっと持ちが悪くなって来たので、買い換えというか買い増しです。

約3年にわたりHPやココログの画像を撮影してたこのデジカメ…ついにダメになっちゃいました。。。。。

手持ちの旧メインカメラと簡単に比較。G4とR7の大きな違いとしてはその電源の取り方。G4は旅先でアルカリ乾電池を調達できればokでした

ふと目に付いたR5(ブラック)中古をじゃんぱらにて13800円で購入しました。ポップに美品とありましたが、ホントにキレイでした、使用感まるで無し。

早速昨日のランチにGX100を持って試し撮りしてきました。まだまだ使い方をマスターしていないので、オートとマクロくらいしか使えません(^^);

ワタシが今使っているデジカメは、リコーのCaplio R1vです。もう4年も前の製品なんですね。

「どんなカメラ使ってるのー?」 という質問があったので。リコー Caplio R5光学7倍ちょいのズームで700万画素ほど。決め手はズームと大きさ  あとは価格。

今回、購入したのはリコー GX100決め手は広角側が24mmから使えることと液晶ビューファインダーに惹かれました

前回ist Dsで擬似インターバル撮影の実験した後、3秒間熟考し「RICHO Caplio R7」を購入。カミサンの冷たい目線が胸に突付き刺さります(w

リコー キャプリオ300G機遂に役目を終えましタ。<(_ _)>オツカレサマデシタ

妙に評価が高いこのカメラ。あまりカメラには詳しくない私ですが、ちょっと使っただけでPanasonicのDMC-FX07とは全然違うということはよく分かりました。

数年前から愛用している『RICOH:Caplio GX8』。今更ながら、少しバージョンアップさせてみたいと思い、ひとまず純正パーツを買ってみました。

この前LEICAの記事に少し触れたRICOHのカメラがこのGX100です。特に何もカスタマイズしてません

新たな予感・・・・前にも述べましたが、時々リコーには驚かされます。

デジカメちゃんが壊れました (去年末の出来事) RICOH Caplio R5

3ヶ月前に消極的な理由でNikon COOLPIX P6000を手にして、これまでに約1200カットくらい撮影しました。

RICOH Caplio G3 model Sシャッターを切る際に、レリーズタイムラグがほとんどないと当時は話題になったコンデジ。

カメラをたくさん持っていますが、実は広角28mm対応はCaplio R5だけなのです。それで、今回の旅行での広角撮影は主にこのカメラに任せました。

GX100が単4電池で起動しないトラブルがあったので、休みの今日、リコー大阪カメラサービスセンターに持ち込み修理してもらいに行ってきました。

大分お手頃な価格に下がってきましたので清水の舞台から飛び降りる。。(おおげさ。。笑)思い切って購入。。RICOH Caplio GX100

RICHO「Caplio GX100」、まったく手の届かない価格で諦めていたのですが、今朝、webを見ていると2,9800円(税込み)という投売り状態を発見。

2006年の年末に買ってから約1年半。この間、修理に出すこと3回。

遅ればせながら、リコー製デジカメCaplio R4の修理が完了しました。受け取りに行ったのは1週間ほど前のコトになりマスか。

ちょっと前に購入したRicohのCaplio GX100。マニュアルでいろいろいじれて面白いのだが、致命的な欠陥があった。

RICOH Caplio GX100は,黒いボディに1001万画素,望遠機能など満載です。非常に良く撮れるので,普段から持ち歩いています。

今回発表されたCaplio GX200。1200万画素へのUPが最大の売りとなるが、もちろんその他に細かな改良も成されているようだ。

初のリコーカメラです。Caplio G3/G3 model M何がすごいって、接写は1センチから。マクロ撮影に最適なのです。

【RICOH Caplio GX100】久しぶりのGXでの投稿です。とは言ってもいつ撮ったものか忘れてしまったものを整理中に引っ張り出してきてのUP

GX100は、望遠機能やEVF(液晶ビューファインダー)のおかげで、GR DIGITALにはない楽しみかたができるのが魅力です。

ただ、ISOを80に設定しても長時間露光ではノイズが多すぎ・・・まぁ、コンデジだしソニー製のCCDだから仕方がないかぁ〜って所が不満点だが、それを除けば満足の一品だす。

コンパクトカメラだけど、なかなか性能が良いのです。

昆虫や花の綺麗な写真が印象的だったので(まあ撮影者の腕なのでしょうけど)スペックを確認して決めました!

使ってみて気がついた悪い点は二つ。暗い室内での撮影に弱いことと、動画撮影がイマイチなことです。

・28个らの広角レンズ →魚が釣れなくても、綺麗な風景が!(笑)・驚異の1僖泪ロ →小さい魚も大きく撮れる!(笑)

一眼レフとかじゃなく,普通のデジカメです☆デジカメではあまりない光学7倍ズームなんですっ

ヤフオクで安かったので、ポチってしまいましたwリコー・カプリオ R1vです。画素数は500万画素と、今時のデジカメに比較すると若干少なめです。

RICOH Caplio RR30のマクロモードは1cmまで寄れるので中々面白い写真が取れる。タンポポの綿毛。半分脱走済w

RICOH Caplio R7これで3回目になりますが、レンズが引っ込まなくなってしまいました。一か八かボディー叩いたら引っ込みました。でも

Caplio RXのワイドズームと1cmマクロが好印象で、本機種も同じ機能を搭載していたので購入。・28mmからのワイドズームは重宝した。

2月1日の夜、楽天ショップにてリコー Caplio GX100 VF KIT購入

やや古めの機種ですが、買ってしまいました「Caplio R7」某家電量販店で叩き売りされてたものを、つい

久しぶりの快晴、東京の先生から貰ったカメラ、RICOH Caplio R7を持って行きました。

色々なバージョンで撮影してみましたが、今ひとつの画像しか得られませんでした(悲)。後学の為、幾つかUPしておきましょう。

ヘタレなんで暑さに負けて家の外にほとんど出ていません。なんとなくRICOH Caplio GX100と、FUJIFILM FniePix F30のワイド側の画角の違いだけ比べてみました。

先日、オークションでリコーCaplioGXを入手したので、長居植物園で試し撮りしてきました。

サブカメラとして良き相棒になるであろう RICOH Caplio GX100♪6月24日、RICOH GX200が発表された。

好天の野外、しかも順光という撮影環境で、被写体がぴたりと静止してくれれば、これほど鮮やかな表現力を発揮してくれるのが素晴らしい。

はまおくんはオリンパス→オリンパスの買い換えですが、シリーズが違うとかなり使い勝手が違うらしい。。。

いや〜、RICOHは結構やるね。やるやるとは聞いていたがここまでとは。

レッドビーの撮影には、マクロ機能が必要不可欠なので、1センチマクロ可能でちょいマニアックなリコーを選びました。

CX1の特徴である「ダイナミック撮影」を試してみた。取り合えず、通常撮影との比較をしてみる。

Ricoh Caplio R5。28mmからの7.1倍光学ズーム、7M画素、レンズ前1cmの強烈なマクロが秀逸なカメラ。3:2のアスペクト比も選べる

RICOH Caplio GX100 の後継機、GX200が発表されましたね。ついに1200万画素オーバー。。。

脱線したついでに、このCaplio R1をもう少し誉めてあげたくなったので、更に脱線しましょうか。

Caplio R7 という、デジタルカメラの機種を注目。いつか買おうかな。今のデジタルカメラも古いしね。では、ファン様回ってきます。画素は800万ぐらいだった

コンパクトデジカメでも赤外線写真が撮れるか試してみた。使用機材は RICOH Caplio R7 です。

Caplio R3は露出が明るめに撮影されるので、白飛びが起きやすいですが、補正なしできれいに撮れました。

事前のリサーチで分かっていましたが、電源ON/OFFの時の音が苦しげですね。何も知らなかったら、壊れてるんじゃないのか?と思うくらい(^。^;

我が家のデジカメはRICOH Caplio GX。実は結構前から調子が悪い。画像確認から撮影モードに切り替えたらピントが合わず。

RICOH Caplio R3  もう3年使ってるんでデジカメの世界では、 かなり古いモデルになります。 現行モデルはR10まで進んでます。 

最近買ったデジカメ、GX100がいい感じです。あまりに破格のお値段を見つけたので、悩んだ挙げ句に購入しました。

リコーのコンパクトデジカメ"GX100"を買いました。型落ちですが、安かったのでO.Kアスペクト比1:1の真四角写真が撮れるデジカメです。

ここの写真日記で皆さんに見てもらっている写真は、リコーの Caplio R7 というカメラで撮っています。

Tokyo, RICOH Caplio GX100***いわゆる正方形のスクエアモードが搭載されたデジタルカメラというのは、この機種が、先駆け的な存在だったと思う。

普段から常用しているデジカメなのですが、しばらく調子が悪いのではあります。なんとか使っているのですが、どうやら酷くなってきています。そろそろダメかもしれません。

RICOH Caplio R6で撮った写真の同じ位置にゴミの跡が写るようになったので修理に出した。

買ってから1年くらいあたためておいたCaplio R1Vです。ジャンクで買ったときは、通電するが起動せずでした。

本日、持参のカメラはリコーのCaplio RR10です。細身のデジカメ、どちらかと言うと縦で構える雰囲気があります。

愛用のカメラ RICOH Caplio R3 が先月壊れてしまいました。  2年8ヶ月も使っていたので、ショックでした

『RICHO Caplio GX100 購入♪』先日はこっそりアップした記事にも関わらずコメントをありがとうございました♪

とかなんとかいいつつ、価格.comで情報収集してたら、渋谷のヤマダ電機で¥16800で売ってた、との情報を見たので急襲、無事確保

カテゴリ:16デジタルカメラ|テーマ:Caplio(リコー)|更新日時:2017-10-14 09:10:01

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>