この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-20 11:09:17

  ASCII.jp レビュー:2008年06月11日 更新
ポンとつないで使えるソニーのホームサーバー
ホームサーバーという存在が、いよいよ本格的に家庭に入り込み始めた。このタイミングで、ソニーは、同社初のホームサーバー「Liblog Station」で何を狙っているのか? その狙いについて担当者に聞いた。

「ホームサーバー」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

先日のブロガー向けイベント、ソニーネットワークミーティングで幸運にもホームサーバー(NAS)であるLiblog Station HS1(VGF-HS1)を1ヶ月借りることになりました。

モノフェローズとして、今回はSONY Liblog Station HS1をお借りしました。

ちょっと、そのお得な購入技をもうひとつご紹介しつつ、購入から約1ヶ月半経っての我が家のHS1の様子などをレポートしてみたいと思います。

ホームサーバー:Living Station HS1とWi-Fiフォトスタンド:Canvas Online CP1のお話。

今回がそうです。今回はVAIO新製品のホームサーバー「VGF-HS1」の自宅設置レポートです。

ホームサーバーを導入しました。NECの格安サーバー「Express5800/110Ge」です。

この春登場したVAIOブランドのホームサーバー「VGF-HS1」で、初のアップデートプログラムがVAIOサポートに掲載されました。

その機器とは、NECが昨年末に発表してすでに販売を開始しているホームサーバー「 Lui 」(ルイ)という商品。

ホームサーバ買いました♪とは言っても、もう1ヶ月近くも前ですが(^^ホームサーバーと言っても、ちょっとわからないなぁ?という人もいると思いますので、ちょっと説明

ホームサーバPC「Lui SX」だ。ちょっと大きめのレコーダーのような外観で、内部にはPC用とレコーダーシステム用の2つのHDDを持っている

昨日から発売が開始された VAIO 2008年夏モデルの第2弾。OnlyLoveが最も注目し、欲しいものが、エクステンションラインにラインナップされた「VGF-HS1」

今日は、具体的な機能というよりは、それら機能で遊ぶために、どうしても、理解しておいてほしい点を整理してみる。

PCレスで直接「HS1」に静止画や動画を入れるのはものすごく簡単だったので、今度は、普通にPCのネットワークサーバー(NAS)として扱ってみる。

ホームサーバーは思いのほか静かで使い勝手がいいのですが。PCによってID パスワードが保存できるのとできないのがあり不思議です。

このコンセプトの製品としては、大容量ホームサーバー Liblog Station (ライブログ ステーション) 「HS1」がある。

ホームサーバーのアドインも調べると色々とでてくるようになりました。どれいれる?って悩む・・・。

Windows Home Serverで構築したPCは前回紹介しましたが、そこにいきつくまでさんざん悩みました。

Windows Home Server(以下WHS)はCPUの動作周波数やメモリ量もそれほどシビアではなさそう。

インストールしているとわかるのですが、Windows Small Business Server 2003 のカスタマイズ版のようです。

言い換えればソニースタイル限定の1.5TBモデルが79,800円(税込)から、69,800円(税込)に値下げしたようなもの。

今はDLNA対応テレビというのがあって、これにつなぐと、テレビ番組も録画できる。もちろんサーバーの画像もテレビで見れる。このほうがいいんでしょうかね。

コンセプトには興味あるのですが、値段が高い・・・。 あとPCリモーターという名のノートPC型クライアントが単体ではブラウザとソリティアしかできないとあります

リビングに設置したパイオニアのX-Z7用にSONYのホームサーバー、VGF-HS1を購入しました。

「VGF-HS1」は、Liblog Station(ライブログステーション)の名称が付けられたホームサーバー。

いわゆるDLNA対応ホームサーバーで、デジカメ画像や、動画ファイル、音楽ファイルなどを溜め込んで、DLNAクライアント機能を持つテレビや、PC、PS3などからアクセス

PCが出来たら、隣のPCのモニタ、キーボード、マウスを借りてつなげ、Windows Home ServerのOS DVDを入れてインストール。

エラーを起こすまでにボロボロになったWHSは再インストールしか道はないが、問題なのは重要ファイルをどうレスキューするか?だった

サーバーの使い方は・・・ サーバーで何をするのかは、色々とありますが、私は主にスト レージを利用したFTPサーバー的使い方をしています。

最近のホームサーバーはずいぶん安くてIO-DATAから発売されているホームサーバーを2.5万円で買えた〜

WindowsHomeServerSP1日本語版がようやく発売されたので、早速入手。以前にホームサーバ計画で、英語の試用版でお試し運用していた、アレである。

いつの間にやらこんなものが発売されているらしい。英語版は一年程前から発売されていたそうですが、日本語版はもうすぐとのこと。

Liblog Station VGF-HS1Sを購入してからはや3ヶ月。PC-Linkが勝手にバックアップしてくれるので、NASへのバックアップはとても便利。

とうとう!うち(実家に!)1TB(テラバイト)の家庭内サーバーを設置しました!1テラバイトといえば、1000GBです!

もう1台NASを購入しようと思っていた所またしてもVAIO純正NASが・・・(笑)という事で、Liblog Station VGF-HS1Sです。

新しいNASを物色していた中、今年の始めにUSでLiblog Stationが発表され、これを買うと心に決めて日本での発売を待っていました。

私はホームサーバーがパソコンライフの新しい幕開けであると感じました。今回NECから発売されるホームサーバーLuiです。

acer Aspire easyStore H340-S1 Windous Home Server(以下、WHS)搭載のホームサーバーです。

写真中央にある白い箱状のものが『週刊アスキー』連載企画の主役Windows Home Serverです。こんなに小さいんです

NECよりホームサーバソリューション「Lui(ルイ)」の新モデルが発表されました。

WHSを立ち上げてました。というのも娘の写真やらビデオが貯まってきたので、ちゃんと保存できる安全性の高いサーバーを立てたかったんですよ。

ソニースタイルでVAIOホームサーバー『HS1』のHDDキャンペーンが開始となっております。

なんと!\63,800も有ればストレジー容量2TBのホームサーバーを構築できてしまうのだ!

この間セットアップしたBDZ-X90、「ホームサーバー」機能が使えるということで購入したのですが…

4月29日にWindows Home Server Power Pack 2の日本語版がリリースされました。

お仕事&プライベート用としてIO-DATA・LAN DISK Homeを購入しました。容量は500GBとサーバーとしては物足りなさを感じますが...僕にとっては十分かな?

SUNCAFEにハイテク機器が届きましたフルハイビジョン・ホームサーバー”FlexLink HD2800”

そんな訳でホームサーバーHS1に映像ファイルをアップロードする方法は決まった訳ですが、今度はそれを再生する方法を検討検討

“ハンディカム”で撮影した映像やデジタル一眼レフカメラ“ α ”で撮影した高解像度写真も最大1.5TBの大容量にらくらく保存し、配信できるホームサーバー。です。

で、今回購入したのが「NETGEAR RND2000」 この製品の特徴は・HDDは2個まで搭載可能、X-RAIDなる独自機能のディスク管理

blogには書いていませんでしたが、昨年夏にバッファローのNAS(ホームサーバー)LinkStation HS-DH500GL購入。

最近webをチェックしていたら、省電力・mini-itx市場が活発化しているのか、いろんな新しい情報を見つける。

早速、メーカーのホームページに飛んで読み解いてみたところ、自宅のホームサーバーPCを、外出先でも小型の端末で操作できるようです。(PCオンデマンド)

VAIOから1TバイトHDD搭載ホームサーバが発表されましたが、NECから発表されたホームサーバーLuiLU-SX7001G/LU-SX5001Gの方が俄然気になります(^^ゞ

個人でWindowsHomeserver導入したら、そんなに難しく考えなくてもいいのかもしれませんが、初期コストが高くつく。

REACHです。皆さん昔のビデオや写真やムービーがたくさんたまっていませんか?ホームサーバーも日本語版がでました。

わたしの部屋には、IBMのサーバがある。RAID 構成のxSeries 205 という奴だ。OS は付いてきたRedHatを使っていた。

同じく週刊アスキー2009 11/10号のSOHO最強仕事術で紹介されていたのがホームサーバー。

先日まで調子良かった我が家のホームサーバーAspire easyStore H340-S1

我が家のルーターは、Liblog Stationの動作確認機種でもあるPCWA-AR800で、UPnPに対応しています。

手持ちの一体型タッチパネルPCはマザボがノート用のパーツで構成される不思議な型になっている一体になっている液晶も内部的な接続はノート用の液晶と同じケーブル

ホームサーバーが39,800円欲しいなあ。これあると、いま契約してるKAGOYA Internet Routingは要らんなあ。

BUFFALO 40MB/s DTCP-IP対応 高速ホームサーバー これをネットワークに接続し、複数のパソコンでデータを共有したり、データをバックアップできるというもの。

AcerのH340-S4が格安だったので購入。メディアを保存するのもあれだが、どちらかというと接続するPCのバックアップが欲しかった。

Windows Home Server (ウィンドウズ ホーム サーバー) とは Windows Server 2003 R2 をベースに、10台までのPCを所有している

2009 International CESで次世代のHDMI規格の方向性としてLiquidHDが発表されたようだ。

先日、ACERのWindows Home Serverを搭載したホームサーバーAspire easyStore H340を購入しました。

一段落一部パーツも変更したりしてサーバーとして運用というよりマルチメディアサーバーって言った方がいいんじゃないかなぁとも思ったりします。

ウインドウズホームサーバー(以下WHS)が販売され導入が簡単というので、少し古いパソコン(エイサーパワー1000)を用いて入れてみました。

日本でも安価な製品が発売になるけど、もう少し安いとなぁ。 やっぱりWindows Home Serverの値段が問題なんだろうか。

カテゴリ:05AV家電その他|テーマ:ホームサーバー|更新日時:2017-09-20 10:09:13

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>