この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-02-20 20:02:10

「へーベルハウス(旭化成)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

↓家の周りについていたシートと足場が取れ、外観がお目見えしました 今日は旦那さんと一緒に見に行ったのですが、見た途端、二人ともの第一声は・

一番初めにお話を始めたのがへーベルハウスです。 「新大地」という寄棟屋根をベースにした量塊感あるシリーズがターゲットです。

街かどヘーベルハウス『掛川緑ヶ丘』へ行ってきました。子育て世代の家ということで、『+NEST』が採用されています。

ほんの些細な、重箱の隅をつつく様な事をお話ししても直ちに完璧な処置をして頂けます。ヘーベルハウスさんに直接関係の無い相談事にも気持ち良く対応して頂けます。

こちらにはへーベルハウスのモデルハウスが2つあります。こちらは展示場の入り口の手前にあるモデルハウスです。

「へーベルハウス北安東」のオープンハウスにお邪魔してきました!屋上2階建ての3LDK、1Fに個々の部屋があって、2FがLDKとなっています。

今日は、へーベルハウスの2年目点検。ホームサービス課の方が来てくれた。メンテナンスのプロだけあって、日頃の疑問を 妻と母が質問責め。

現地にて、外構の打ち合わせでした〜♪着工前に、おおまかな打ち合わせはしてもらいましたが、今日は、最終的な色の確認などが行われました!

ところどころ ??ってところもありましたが、高い設備も使っていて、いい建物でした。外構もセンスよくまとまっていて、格好の良いへーベルハウスって感じです。

小屋裏部屋に飛びます。ここのお部屋は、1.4m以下の床面積に含まれない場所なので、天井が低いのが欠点ですが、収納力はまあまあです。約10畳ほどあります

2009年9月初旬に発電するFINE HEBEL HAUS完成します。大きな我が家のイベントを記録しようと思いブログを開設しました。

終わったのは夕方6時すぎ。長かった〜。ここまで入念に点検してくれると、ヘーベルで良かったなぁと思いますね。ビス1本1本まで点検してくれますからね。

今日は、箱物工事が行われるということでした。箱物??と思いましたが、ヘーベルハウスの担当者が言うにはキッチンやトイレの便器の工事だそうです。

約2週間ぶりに訪れた「ヘーベルハウス」。じゃ、じゃーん! ベールを脱いだ「ヘーベルハウス」その全貌がついに明らかとなりました(笑)!

旭化成のオリジナルキッチンです。当日はメーカーである永大産業の担当者も来ていて細かい説明や質問など話し合えた。標準の中では素材は一番ですね。

3回目の打ち合わせは、設備に関する打ち合わせのため、今回は展示場ではなく、デザインオフィスへ各メーカーのキッチンやトイレやその他ヘーベルで扱っている

ヘーベルハウスさんは、構造的にとても強いこと、火災に強いこと、あとは階下に音が伝わりづらいことなどを教えてもらいました。

ようやく基礎型枠の検査立会を行いました9月6日に地鎮祭を行って早1ヶ月以上・・・

おたがいさまハウス(街かどヘーベルハウス祐天寺)のA棟(角地に建っているほう)の売却が決まりました。わが子を嫁にやる気分です。しみじみ。

シートがかけられたので、少し分かりづらいと思いますが、屋根やベランダ、玄関のドアや室内の階段まで、組み立てられていました。

玄関ホール、入った瞬間に「広〜い!」ゆとりの空間、快適リビングでした。 ドーンと置かれたダイニングテーブルは、ソファーの様な椅子で圧倒的な存在感!

床暖房まよったんですよー結局採用しましたが、体感したこと無かったからどんなものなんだろう???っと。今回、導入されていたのは19.2帖の2階リビングです。

屋根の防水工事がほぼ完了していました。ツルッツルのピッカピカ〜〜、、、ですね遠くには富士山がうっすらと見えます。

1年点検ネタでもう少し・・・またまた虫の話題なんですが、お付き合いを。

ちょっと見にくいですが、こちらは実際の工事の様子を写真におさめたもので、定期的にヘーベルさんから送られてきます。

1階のフローリング(ダークブラウン)です。写真撮ってみると思っていたより明るい感じ。

今日はヘーベルハウスのデザインスタジオで設備の打ち合わせ(4回目)をしてきました。

外壁のコンクリートパネルの溝にも、きれいにモルタルが塗り込まれ、雨や風の影響を一切受けなくなりました。

本日我が家は不具合の現場打ち合わせを行いました結局目地の色分けは別に不細工でもないので了承する事にしました(=⌒▽⌒=)

行って参りました!!!鼻息荒く!!!ヘーベルハウスの営業さんと、間取りについて打ち合わせをしてまいりました。

そこで新居の話が復活。大慌てで検討した結果、ヘーベルハウスに決定、契約しました。理由は色々ありますが、営業さんが感じよかったからです。

今回まずはヘーベルハウスから〜と思っていたんだけど、結局他と検討することなく、ヘーベルハウスと契約となりました。

外壁の吹付作業が終わったようで、むき出しだったコンクリートパネルが、つやつやになっていました。

me-li*のうちはヘーベルハウスヘーベルくんでおなじみですね。「ハーイ」ってやつ。

改めて、ホームサービス課の方から補修工事の連絡が入るようですね。ヘーベルハウスの損害は、計り知れないのに精一杯の対応に、ただただ脱帽です

それはさておき、1日で1階窓箇所まで組みあがってしまいました〜おそらく、明日あたりには2階まで組みあがっちゃうでしょう

ちょうどこのときヘーベルのモデルハウスで土地契約の進め方を打ち合わせしてまして、震度3から4に近い揺れをモデルハウス内で体験しました。

ハウジングメーカーの点検があった。 ヘーベルハウスは結構マメに点検があって、(初回点検、3ヵ月点検、半年点検、1年点検・・・→続く)とってもありがたい

旦那くんお気に入りの断熱材も入ってヘーベルっぽくなってきました。 不思議なことに制震フレームの後ろにもちゃんとあとから入るんですよね

あまり前情報は持ってなかったのですが、なんとくなくの印象は・かなり高い・鉄筋+コンクリでかなり硬い床・壁(個人的に+要素だが、嫁さんは×っぽい?)

ついに屋根までできあがりました。シートに覆われたので、カッコいい外観をお見せできないのが残念です。

ヘーベルハウスの場合、契約時、着工前、完成時、引き渡し時と4回にかけてお金を払うそうです。今回は、着工前のお金。

ヘーベルさんは無償で補修工事をしてくれるそう。さっすが!!ヘーベル。他のハウスメーカーさんでは、そういう対応じゃなかったみたい。

こんな家がいいなぁ〜と思うこの頃です写真はヘーベルハウスの新大地。先週末にバス見学会に参加し、訪問した新築のお宅がすごく気に入りました。

今年の4月くらいからいろいろと展示場巡りを開始してハウスメーカーを転々とし…最終的にたどり着いたのが旭化成ホームズ【ヘーベルハウス】でした。

先週土曜日に打合せを行った結果として、本日修正版の確認書が提示されました。誠意を感じる事ができました。どうやら価格的な保障としては限界の様子です

さぁやってきました「へーベルハウス」!ベランダに象がのってます。さて担当してくれたのはけっこう売ってそうな営業マン。

プランを見せてもらう。今回は、迷っている南面道路、北面道路でそれぞれ出してくれたらしい。

なおのお家はヘーベルハウスなのですが非常にいいです生活音(階段の上り下りなど)もほとんど聞こえないし丈夫だし

マイホーム計画の更新をだいぶ怠っていました最近はというと、ある程度間取りが決まり、もう少しでインテリアを決める作業になります

無事、ヘーベルハウスで家を建てることが決まり、間取りも決定、あとはインテリアを詰めていくだけとなり私の今一番の関心事は、床の色です。

当時の ヘーベル うりの一つが ユニバーサル空間でした。ヘーベリアンのみなさん  あれ? とお思いですか?

先日,工事中に見に行くことができたので,ここぞとばかりに内部侵入を試みました!ヘルメットを着用して,内部をチェック。

軒並み他のハウスメーカーが次世代省エネ基準に標準仕様で対応しているので、ヘーベルハウスで次世代省エネ仕様を選択した

仕事部屋で音楽をかけながら仕事をしていて、部屋のドアを閉めていたときに、インターホンが鳴ったのに気付かないときがありました。素晴らしい防音性能ですっ(笑)

日曜日にヘーベルハウスのバス見学会に行ってきました。いわゆる20年住宅と新築入居住宅をバスで回ってヘーベルハウスの良さをアピールするっていう会です

一番驚いたのは築30年のお宅をご訪問させていただきましたが、流石?!!!床の軋み(キシミ)や、サッシなどの建てつけが、30年たっても、全然変わらないということ

ヘーベルハウスはロングライフ住宅を全面に押し出しています30年ノーメンテナンス。また大きな構造の特徴としては鉄筋+コンクリートである事。

先日、メールで頂いた設計の説明と細かい変更点のチェックなどを行いました。こちらからは、階段上の窓を床から天井まであるロングタイプのものに変更

日曜日にセキスイハイムさんの見学会に行った後、自宅でへーベルさんと打ち合わせがありました。

今日、へーベルハウスのメンテナンス(一年点検)でした。我が家も住み始めて早一年程度になりました

また地震にも強くて、神戸のときもパナと同じく全壊・半壊はなかったし、燃えないつくりになってるもんで家で火をせきとめたという。すごいね。

私たち一家は、ただいまお家を建築中です!昨日現場を覗きに行ってみたら、ついこの前まで基礎しかなかったのにあっという間に外枠が完成してました。

ヘーベルハウスの遮音性については、皆さん諸説あるみたいですね。「窓を開けたら外の音が聞こえる」なんてコメントは論外として(苦笑)

へーベルさんのような鉄骨大手のお仕事にも触れさせてもらい、これも経験か〜。と思います。

他のハウスメーカーさんが出してくれた見積りなどを比較しつつ私達夫婦が気に入ったヘーベルハウスさんと6月29日(大安)に契約をしました

へーベルハウスさんの展示場へ行ってきました。へーベルハウスと言えばへーベル板。ALCという軽いコンクリートなんだけど、火に強く、断熱性もあると説明

ヘーベルハウスと言えば、セレブが住まう建物。超標準世帯収入のK夫婦には縁のない世界と思っていました。それを言葉巧みに

土地を検討した時にこの土地は我が家がやりたいことが出来る土地?って感じに事前に大まかなプランを出してもらえるんです。

ヘーベルハウスに10年住んで感じることは、「やっぱり、ヘーベルにして良かった。」という満足感です。

ちゃんとうちも該当だった。ヘーベルが悪いんじゃなくて、ニチアスが嘘ついてたってことではあるんだよな。まあ別に火事にならなければ関係ない話ではあるんだが。

、丘の上で景色は秀逸。夜は星が良く見えそう。外観はおなじみの一目でヘーベルハウスと判る形で、中は採光が十分。シンプルながらも住み易そうな家でした。

旭化成ヘーベルハウスにしました。僕の経歴を知っている人は、笑うでしょう・・。僕も正直笑いました。積水ハウスとへーベルで最終悩んだ挙句の結果です。

ハウスメーカーは旭化成ホームズ。いわゆるへーベルハウスです。このへーベルハウス。売りはまず倒壊しない。そして燃えない。

引っ越しが終えて一段落。外構をと考え何社か見積り依頼をしました。車の所と隣との境界線を見てもらいました。

ヘーベルハウスの二年目点検。不具合のあるところを伝えたら、簡易な箇所は、その場で直してくれるし、あかんかったら後日直してくれる。

家を建てる前に、一番こだわったこと。それを理由にヘーベルハウスに決めたって言ってもいいくらいのこと。それは、「防音」でした。

前回は土地の契約について書いたけど、ハウスメーカーとも契約しましたよ。ハウスメーカーは・・・「ヘーベルハウス」にしちゃいました。

良かったと実感してるのはアフターサービス今のところ大きな不満・トラブルは屋上の騒音だけ。

それぞれ外壁の種類や色,玄関ドアなど、デザイン面は勿論の事、塗料の種類によって汚れが付着しやすいものがあるのかな?など、とても参考になりました(^.^)

部屋を見学、構造の説明を聞いているうちにヘーベルハウス熱が高まりました。M氏の説明、雰囲気、全て私たちには心地のイイ営業さんだったのです。

カテゴリ:02ハウスメーカー|テーマ:へーベルハウス(旭化成)|更新日時:2017-02-20 22:02:05

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>