この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-05-28 11:05:32

「チュードル」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

チュードルを紹介してみましょう♪ロレックスの普及ブランドとして発売され 手頃な価格の時計が多い為、ぼくの好きなブランドの一つとなっています。

いや〜買っちまったぜぃ!TUDOR!そこ!ツドーじゃねぇぞwwwチュードルっていう時計なんだぜ!

そんなチュードルのこの時計↓ハイドロノート Ref.20030 (^0^)/丁寧な造り、防水性能、文字盤の見易さ、5連のブレスによる腕へのフィット感は抜群です

これも偶然見つけた。チュードルの2009新作、ハイドロ1200♪1200M防水、ブレスの一部はセラミックかな?

チュードルのサブマリーナ・ボーイズこちらは、1990年代のもので、オークションにてお安くゲットできたので、ロレックスを売った差額で、金欠を補填。

チュードルのクロノタイムRef.79260のTiger.verです。今では貴重なチュードルの3連ブレスですが、この当時(5年ほど前)は、探せばまだ残っているモノがありました

普段使い出来る良いチュードルはないかなぁと、値段、造り、信頼性、何よりもカッコ良さ!を基準に物色。その結果、選択したのは…『ハイドロノート供戞!

とてもシンプルなホワイト文字板の12時が「盾」マークになっていますので、1970年代製の自動巻モデルになります。

カマボコと呼ばれるケースの厚みとクロノグラフの独特な雰囲気、実用性の高いデイト付きという点が気に入りました。

1964年製造、手巻きのオイスターケースでねじ込みリューズまでロレックスと同じ構造。

手巻き時計なので、耳と近づけると、カチカチカチカチと歯車が回り時を刻む音が聞こえます。

ロレックス オイスターケースはそのままで、クリスタル風防とネジコミ竜頭大きさも小ぶりで、シックリ馴染みます♪

チュードルクロノ79180(カマボコ)写真投稿します。価格が高騰する前にほしくて、名古屋のコメ兵で買ったものですが

45GSと一緒に並んでいる腕時計が買っちまったなぁの『チュードル プリンスオイスターデイト』です。ここで脱線して、ちょっとうんちくを

手巻きなのでちとめんどくさいけど、最近はオートマチックの時計を持っていても、しょっちゅう時計を着替えるので結局は止まってしまう。だから手巻きでもいいなと思う。

いろいろなカラーがあるのですが、この文字盤のワインレッドがすごくいいんです!!角度によっては黒っぽく見えてなかなか綺麗ですよ!

オフィスがあった赤坂で確か7万円ほどで新品を手に入れてからずっと使っています チュードルの サブマリーナ

日本では代理店が無いですが、どうやったら手に入るのでしょうか?2009年 バーゼル ROLEXがしょぼいだけに、こちらに目が行ってしまうのは、気のせい??

購入したのは、チュードルのクロノタイム 中古品ではありますが、程度も良く、ROLEXのデイトナ6263モデルを彷彿させる

チュードルの現行型「クロノタイム」です。こちらも先にご紹介の「ハイドロノート供廚汎韻犬、本当に不人気と思われますが、如何なもんでしょうか?

オーバーホールに出していた、チュードルの青サブが仕上がってきた。

妻のはまたの機会に紹介するとして、私が入手したのはロレックスの普及ブランドであるTUDOR(チュドール)のクロノタイム。

いわゆる大バラのチュードル、1960年代のものだ。古い時計にもかかわらず非常に丈夫で、普段使いでも信頼性が高い。

チュードルの、通称「イカサブ」と言われている腕時計が欲しいです。チュードルとは、ロレックスの姉妹ブランドです。誕生は古く、1930年代と言われています。

「チュードル/クロノタイム」 昔はロレックスの弟分だったけど独立?したらしい。でも、メンテは日本ロレックスで可能!

こちらはチュードルのレンジャー機ちまたではリダン品があふれている為、オリジナルの文字盤は極めて少ないと思います。

結局、8月になり、新品交換となって、帰ってきました私の「チュードル クロノタイム(TUDOR CHRONOTIME)」しかし、しかーし!

愛用の腕時計です。チュードルのアンティーク。50年位前のものです。12時の位置の薔薇がお気に入りなのです。

先日リダン覚悟で購入したチュードルのレンジャー(TUDOR RANGER)ですが色々と調べてみたところ、結構面白いことがわかりました。

写真の時計は1960年代に大量に作られた「チュードル・オイスターデイト」。通称「デカバラチュウ」。(大きなバラのマークのチュードル)

こちらはチュードルのクロノタイムRef.79170になります。数年前なんと30万円以下!!で入手した、ほぼデッドの完全コレクター品でした。

いろいろ考えた結果、TUDOR(チュードル)のアンティークに決めました。  プリンセス オイスターデイト 1980年代製造

ご近所のお店へオーバーホールに出していたチュードルのアンティークが戻ってきましたリューズの交換完了〜

今回の会社創立のハナムケに、時計をいただきました!!TUDORのサブマリーナのブルーフェイスです。

TUDOR(チュードル)は、かの有名なスイスの腕時計やさんから、牡蠣のように固いと評されるケースと、クラウンが刻印された竜頭の供給をうけているメーカー。

最近は、G−SHOCKやルミノックスをチョイスしていたので、少し重く感じますが、商談の際はやはりこれに限りますね〜〜〜〜

しかし、買って3日目に某有名店にて、バンドの交換をお願いしたところ、早速、ケースと裏ブタに傷を入れられました(泣)

時計ファンの皆さん、チュードルのサブマリーナの文字盤の種類が一体どれぐらいあるのか把握されている方は見えますでしょうか。

お客様の依頼品のチュードルは【Ref.7974】、通称・デカ薔薇と呼ばれるシンプルな手巻きモデルで、1960年代に製造されたアンティークウォッチです。

チュードル アドバイザー 小薔薇 アラームウォッチ。50年代に製造されたこの時計、文字盤の劣化で現代にはない風合いを感じる・・・

勉強用に1960年代のチュードルを買ってみました。ロレックスの子会社で、大きな薔薇が印象的な通称デカ薔薇です♪

かなりのロレックスマニアである。しかも、何のモデル用であるかとわかった人は、とってもとってもマニアックなチュードルマニアである。

これとは違うチュードルを買った。 白文字盤でローマンインデックス。 まだリューズやベルトには ロレックスの王冠マークが入っていた。

チュードル、イカサブの紹介です。この写真のイカサブはデイトあり、カレンダーの色が黒と1番スタンダードなイカサブです。

ROLEXの完全防水を実現したオイスターケースを身にまとうROLEXの姉妹品"TUDOR"

私の仕事用!?の時計「チュードル クロノタイム Ref.79180」を紹介します(^-^)

早速、開封してじ〜〜〜っくりと眺めます。状態としては、○針の中央が変色している(緑色になっているんだけどこれってやっぱりサビ?)

元々はシルバーだった 文字盤は、時を経て うっすらと琥珀色に 焼き色が着いています。

チュードルの クロノ?オイスターデイト1970年代式だとかいい味を醸し出していると思います現物は見たことは無いです

私がしていた腕時計をチラッと見ただけで、、「あっ!それ、チュードルだね!!」「私もチュードル持っているよ!!」と言って、、

1930年代、イングランド王を何人も輩出した名門チューダー家にちなんで「チュードル」と名付けられました。

アンティークチュードルは殆どが34mmケースだから19mmブレスが使えるし、竜頭もロレ、ケース裏にもロレの刻印もあるし、なんか外しててえ〜やん!

ブレスが巻きブレスなので、ロレックスのハードブレスと比較すると少し貧弱な感じは否めない。

ショップのオーナーさんらしき人から、物凄く勧められたのが、TUDOR(以後:チュードル)の青サブRef.7928である。

愛用のチュードル薔薇サブですが、ブレスを知り合いから手にいれた旧型ブレスに交換してみました。今までのとは全く雰囲気が異なり、さらにアンティーク感が高まりました

紺色の体に馴染んだ端正なスーツに清潔なオックスフォード素材の白いボタンダウンシャツに…

ついに買ってまったぁ〜TUDORの歴史ロレックスのディフュージョンブランドとして誕生したチュードル。

英国のチューダー家の家紋をかたどった…TUDOR(チュードル)の通称「デカバラ」こいつは…オレがゼンマイを回してあげないと、止まっちゃう…。

ロレックスは誰もが知っている世界一有名な時計ブランドでありますが、チュードルは?という人が非常に多いのが現実です。

さて、先日購入したデカバラ チュードルをOHへ出しました夏の連休を挟むこともあり「1ヶ月半かかります」だって

TUDOR(=´σー`)リューズ越しのベゼルとガラスと文字盤何とも言えないこの……うっとり…

のディフュージョンブランド。おいらはロレックスは買わないけど、チュードルならほしい。みんなロレックスもってるぢゃん。

以前TUDORのデカ薔薇と言う腕時計を修理した時の話。結婚10周年の時に2人でアンティーク時計を買う事になり、某有名アンティークショップ

今日は時計の紹介 この時計は1960年代のチュードルというメーカーの時計

最近買いましたアンティークチュードル 通称デカバラ60年代製古きよきロレックス時代っすしかも2本 一気に俺のが手巻きで、嫁のが自動巻き。

満点ママ 棚田さんが20年愛用しているチュードル ミニサブマリーナです ブルーのケースがかっこいいですね!

60年代製って事で当然手巻き。「チッチッチッチッ・・・」って音が堪りません(笑)あとね、薔薇のマーク。

チュードル×サムライのバラサブマリーナ!!元々あった、アンティークのチュードルのバラサブマリーナの文字盤に、サムライジーンズって赤文字でデザインが入る。

僕の愛してやまないTUDORくん★彼とは10年近い付き合い。1日ほっとくだけで、動くのをやめてしまうへそ曲がりなやつ。

チュードルのレンジャーですが、とうとう先日オリジナル確定ものをゲットした。盾のシンボルで、Ref.90220。

壊れました・・・。ちょうど1年で、カレンダーの調子が悪くなりました(がっくし)某カメラ屋の呪いでしょうか(爆)

カテゴリ:18腕時計/ウォッチ|テーマ:チュードル|更新日時:2017-05-28 15:05:32

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>